scl banner travel01





SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< 鬼太郎の原点が文化財に 鳥取・境港市 | main | 旅ブロガー、兵庫県の魅力PRして 1泊2回更新で謝礼 >>
湯田温泉で室町の味 「平成大内御膳」試食会 山口
0
    将軍接待の料理、再現

     室町時代、中国地方の守護大名だった大内義興(よしおき)が、前将軍の足利義稙(よしたね)をもてなした料理「大内御膳」の一部を再現した「平成大内御膳」の試食会が山口・湯田温泉の宿泊施設「防長苑」で開かれ、2コース18品の料理が公開された。料理は、来年3月に行われる観光イベント「山口お宝展」の期間中、湯田温泉の旅館などで提供される。

     料理は、「大内義興」(10品)と「足利義稙」(8品)の2コースで、クルマエビを塩焼きした「こがし海老」や干しナマコとアワビを使った「雑煮」、鴨を使った「小串さし雁」など地元産の食材などをふんだんに使った豪華料理が並んだ。

     調理を担当したのは、湯田温泉の宿泊施設で腕をふるう料理長5人。しょう油や砂糖がなかった室町時代の料理を再現するため、塩やハチミツで代用するなど当時の材料や調味料を尊重しつつ、現代人の味覚にも受け入れられる味付けに苦労したという。

     大内御膳は、明応9(1500)年に足利義稙が山口を訪れた際にもてなした料理。献立資料「明応九年三月五日将軍御成雑掌注文」によると、32膳115品あり、記録が残る中世の料理では最も品数が多い。

     平成22年9月には、山口商工会議所などが中心となって料理復元を企画。そのメニューの中から、山口を訪れる観光客らに提供する献立を考案し、「平成大内御膳」第1弾として今年2〜4月の間、湯田温泉の7施設で提供した。

     今回の献立はその第2弾で、来年3月の提供を目指している。「平成大内御膳」の開発を担当する同商議所の大原敏之さんは、「山口に来て大内氏の歴史を知り、室町時代の“食”も味わってほしい」と話している。









    湯田温泉の豪華さを誇る宿。露天風呂付き部屋や温浴ゾーンも大人気!女将劇場連日開催。






    江戸時代に築庭され、明治維新の志士たちも集った歴史ある廻遊式日本庭園。その庭を囲むように連なる書院・数寄屋造りの本館と6階建ての新館。「天然温泉かけ流し」を思う存分お楽しみいただける浴場。吟味された山口の山海の旬の食材を盛り込んだ、四季折々の会席料理。そして、心を込めたおもてなし…。松田屋ホテルで、上質な「和」をご堪能ください。






    | 山口県 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 22:33 | - | - | pookmark |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      トラックバック機能は終了しました。
      トラックバック